人気アルバイトサイトから
一括検索!

  • フロム・エー ナビ
  • an
  • バイトル
  • マイナビバイト
  • イーアイデム
  • シフトワークス
  • フーズフー
  • ワークゲート
  • バイトラビット
  • 塾講師ナビ
  • バイトーク
  • はたらこねっと
  • 求人ジャーナル
  • ノジマ

バイト・アルバイトを探そう薬剤師バイト

薬剤師は病院や診療ところで医師の診断を受けた患者が処方されたお薬を渡す、医薬品のエキスパートです

2019年03月21日更新 新着:630件 ⁄ 全件:2,835件

薬剤師

薬剤師のアルバイトを選ぶ3つのメリット

  • 1 資格を活かせる

    薬剤師は医薬品全般を扱うことができる薬の専門家です。専門知識を活かしてさまざまな職場で働くことができます。

  • 2 時間を有効に使える

    薬剤師のバイトは、短時間や週1日から働くことができるバイトもあるので自分の空いている時間を有効活用できます。

  • 3 知識を深めることができる

    最新の医薬品や健康に関する情報に触れる機会が増え、より知識を深め薬剤師としてレベルアップすることができます。

薬剤師バイトってどんな仕事

薬剤師のバイトは、調剤薬局では主にお薬を準備したり、服薬指導を行ったりなどの仕事を行います。調剤では、薬を準備する人、内容を監査する人、服薬指導を行う人と3段階に仕事を分担して正確な業務を行います。またこれらの業務の間に、薬の使用期限の確認や発注などの仕事があります。薬局によっては事務を担当することもあるかもしれません。OTCなどの店舗販売の場合には接客や相談を受けることなどが主な仕事です。また、薬剤師としてお店のスタッフに薬のことについて教育する機会もあるでしょう。このほかお店作りが重要な仕事にもなりますので、売場のディスプレイを変えるなどの仕事にも関わったりなど、幅広い仕事を体験することができます。

薬剤師についてリサーチ!

薬剤師と言うと調剤薬局のイメージが強いですが、製薬会社での新薬の研究や、サプリメントや健康食品会社などで商品の開発や調剤薬局以外でも需要の高い職業です。現在、薬剤師の資格を取得するには大学の薬学部および薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を経た後、薬剤師の国家試験を受け合格する必要があるため、非常に専門性の高い職業であると言えます。薬剤師の仕事内容は勤務先により異なります。調剤薬局などでは医師より出された処方箋を確認し、その用量用法に間違いがないかどうか、患者さんに対してその薬が問題がないかどうかなどをチェックします。そして薬の飲み方、注意点などを患者さんに説明するのも大切なお仕事です。また病棟に常駐する薬剤師などは入院患者に対して服薬指導を行ったり、投薬の管理などを主な業務としています。薬剤師は医療の現場の最前線に立ち、患者の健康を支える重要なお仕事となっています。

薬剤師バイト
で身につくスキル

薬剤師のバイトで身につくスキルはやはり薬剤師としての知識のレベルアップでしょう。毎日の仕事を通して様々な症例や処方に接することができますので、自ずと知識は増え、重要な経験となっていきます。また服薬指導や接客はコミュニケーションスキルをアップさせるだけでなく、他人に対するいたわりや思いやりも必要とされるので人間的にも成長できる仕事です。また店舗でのバイトの場合には、商品展開の提案力や企画力も身につけることができます。

薬剤師バイト
はどんな人に向いてる?

薬剤師のバイトは、薬剤師として勉強が好きで人の役に立ちたいと思っている人に向いている仕事です。薬を扱うだけでなく、服薬指導を通して薬を使用する方に直接接することができ、自分の知識を社会に役立てることができます。そして医薬品の業界は常に進歩しているので、疾病や医薬品の動向、業界情報について勉強を続ける必要があります。常に向上心がある人はスキルアップが可能な仕事で、薬剤師として成長したいと考える人に最適です。

薬剤師バイト経験者の本音トーク

  • 20代 女性 フリーター

    プライベートとの両立が可能です

    大手のドラッグストアで働いています。人と接することが多いことが魅力です。自分がおすすめした薬でお客様が元気になるのを直接見ることができ、自分まで元気になってしまいます。また様々なスタッフが働いているので、自分の世界が広がるのも実感できます。シフト制なので、仲のよいスタッフと遊びに行くことも可能です。バイトもプライベートも楽しみたいという人にぴったりの職場だと思います。

  • 30代 女性 パート

    家庭を大切にしながら働けます

    私は家の近くの調剤薬局で働いています。結婚で仕事を離れてしまったり子育てが一段落してからでも自分のペースで働くことができ、薬剤師の資格も生かすことができます。お客様の疑問に正確に答えることで信頼してもらえているのを肌で感じることができ、この仕事をやっていてよかったなと思います。私の勤めている薬局は病院の門前で診療時間に合わせた営業時間なので、日曜日などはゆっくりと家族と過ごすことができるのも魅力です。家庭と両立させつつ、仕事にもやりがいを感じたいという方におすすめです。

  • 20代 男性 学生

    研究に対するモチベーションが上がります!

    現在救急病院そばの薬局に勤務しています。大学に残り研究を続けているので、夜間短時間のアルバイトができる職場で自分には最適の職場です。バイトと研究の両立のためには体調管理に気を付ける必要がありますが、とても重要な体験ができると思います。普段は人と接することが少ないのですが、実際に調剤などの現場に出ると薬が役にたっている場面に出会えるので、日々の研究に対するモチベーションも上がります。

  • 30代 女性 フリーター

    お客様へ笑顔の処方。

    大学で勉強して夢だった念願の薬剤師になりました。初めは覚える事は大学以上に沢山あって大変で、お客様も具合が悪い方達なので、「はやくして。遅い。」などクレームが来るのは日常で心が挫けそうになっていました。ある日お客様が「あなたの笑顔は薬以上の効果がありそうね。」と言ってくださり、薬を処方するのが仕事だけど、お客様に笑顔で接するのもお客様への処方なのだ。と思い返され、その日から笑顔を忘れずに仕事をすると、すごく楽しくやりがいのある大好きな仕事に変わりました。

  • 30代 女性 主婦

    資格を活かして、久しぶりの社会復帰

    近所のドラッグストアで薬剤師を募集していたので、資格を活かせて時給も良かったし、面接を受けました。子供が大きくなってからの久しぶりのアルバイトだったので、調剤薬局で勤めるよりはドラッグストアの方が楽かな?という軽い気持ちでした。慣れるまで辛かったのはお昼時です。ちょっとしたお弁当なども取り扱っていたので、たくさんのお客さんが押し寄せます。テキパキと列を捌きながら薬剤師として薬のご案内をしなくてはいけないので、テンパってしまってきつかったです。ブランクがあったのであまり出ない薬の時は特に戸惑ってしまいました。しかし、急いでいる時に慌てない度胸がつき、他のスタッフさんやお客様と会話をすることで社会との関わりを持てるようになったので、とてもいい経験になっています。

  • 30代 女性 主婦

    安定して働き続けられる魅力

    自宅からそう遠くない調剤薬局で働いています。この職業の魅力はやはり安定していることに尽きるのではないでしょうか。私自身も出産・育児でしばらくブランクがありましたが、薬剤師の資格を持っているので復職もわりと楽にできましたし、残業もありませんので、プライベートと両立しやすく、年齢に関係なく働き続けている人がまわりにもいっぱいいます。私もそんな同僚たちのように、いくつになっても生き生きと仕事を続けていきたいです。

薬剤師バイトにまつわるQ&A

    • 経験がなくても大丈夫ですか?
    • 薬剤師のバイトは、OTCや調剤、病院薬剤師など様々な職場があるので、はじめて違う職種にチャレンジするという人も多いです。教育体制がしっかりしており、頼りになる先輩もいますので心配不要です。
    • 働く時間は融通が利きますか?
    • アルバイトを求人している職場は多くの場合、シフト制を採用しています。フルタイムで働く薬剤師もいますので、融通は比較的ききやすいでしょう。採用時に働ける時間などを会社とすり合わせしておくと問題ありません。
    • 職場で給料面の差はありますか?
    • 日曜日や夜間に働く場合は一般よりもかなり高額になります。また店頭で販売するOTCと比較すると、調剤薬局や病院の方が時給が高い傾向です。
    • ブランクがありますが大丈夫ですか?
    • 薬剤師のバイトは、育児などで一旦職場を離れた方が資格を生かして再び働いていることが多いです。そのため研修などの教育制度も整っていますので安心です。またIT化も進んでいて環境もますます働きやすくなっています。
    • 趣味との両立はできますか?
    • 日祝日が休みの調剤薬局などを選べば安定してレジャーを楽しむことができます。また残業なども少ない職場ですので、バイトの後に予定を入れることも安心してできます。実際に趣味と両立を楽しむためにアルバイトをしている人も多いです。
    • お客さんと長話をするハメになるって本当ですか?
    • 薬剤師は、第一医薬品など専門知識を必要とする薬を販売するために存在しています。従って、仕事のメインは薬の説明です。お客さんの欲しい商品のために症状を聞くことはありますが、医師ではないので度を越えた相談には一切のりません。薬の知識を必要とするので大変ですが、しっかりと自分の領分を守ってお仕事すればきついと感じることはないと思います。
    • 薬剤師の資格は必須ですか?
    • 薬剤師は、第一類や第二類の説明が必要な薬を販売するお仕事です。アルバイト先としては主にドラッグストアが多いです。販売士さんならば第三類の医薬品は販売できるので、必ずしもドラッグストアなどで資格の有無について問われることはありませんが、ないと仕事ができないのは事実です。

薬剤師バイト ~ 応募への心得 ~

薬剤師バイト面接のポイント

薬剤師のバイトの面接には、清潔感のある服装で望みましょう。人体に直接関わる薬に関する仕事ですので、信頼のおける人物であるということを示すためにもきちんと身なりを整えておくことは重要です。実際に働く時には白衣を着用しますが、髪の毛や化粧が派手になっては印象が悪くなってしまいますので注意しておきましょう。
また面接の際には、どういった仕事をしたいのか、働ける時間や曜日などについても明確にしておきましょう。特に販売業の場合はOTCも調剤も行っているなど仕事の内容が幅広いこともあります。業務内容によっては向き不向きが出ることもありますので、希望はあらかじめ伝えておきましょう。勤務時間も同様です。薬剤師が不足している職場では希望以上に勤務時間を設定される可能性もありますので、線引を想定しておくことが望まれます。

薬剤師バイト仕事のポイント

薬剤師のバイトはやりがいがあるだけでなく、給料面などの待遇も恵まれています。また日々の仕事を通して自分の成長を感じたり、薬を使用する人から感謝されたりといった喜びも感じられる仕事です。人体に直接関わりのある責任のある仕事ですが、先輩たちの十分なフォローもありますので、楽しく働くことができます。これまで未経験の職種でもぜひチャレンジしてみてください。
また比較的自分の都合に合わせて働くことができる職場も多いです。特にアルバイトではプライベートを充実させたい人や夢のために働いている人など様々ですので、人間関係も広げることができるでしょう。新しい仕事を始めてみるのはとても楽しいことですので、資格を生かして働いてみてはいかがでしょうか。

薬剤師から新着のバイト・アルバイトを探す

全国から、薬剤師のバイト・アルバイトを探す

薬剤師のアルバイトについて

薬剤師は病院や診療ところで医師の診断を受けた患者が処方されたお薬を渡す、医薬品のエキスパートです。薬剤師と言うと調剤薬局のイメージが強いですが、製薬会社での新薬の研究や、サプリメントや健康食品会社などで商品の開発や調剤薬局以外でも需要の高い職業です。現在、薬剤師の資格を取得するには大学の薬学部および薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を経た後、薬剤師の国家試験を受け合格する必要があるため、非常に専門性の高い職業であると言えます。薬剤師の仕事内容は勤務先により異なります。調剤薬局などでは医師より出された処方箋を確認し、その用量・用法に間違いがないかどうか、患者さんに対してその薬が問題がないかどうかなどをチェックします。そして薬の飲み方、注意点などを患者さんに説明するのも大切なお仕事です。また病棟に常駐する薬剤師などは入院患者に対して服薬指導を行ったり、投薬の管理などを主な業務としています。薬剤師は医療の現場の最前線に立ち、患者の健康を支える重要なお仕事となっています。