人気アルバイトサイトから
一括検索!

  • フロム・エー ナビ
  • an
  • バイトル
  • マイナビバイト
  • イーアイデム
  • シフトワークス
  • フーズフー
  • ワークゲート
  • バイトラビット
  • 塾講師ナビ
  • バイトーク
  • 求人ジャーナル

バイト・アルバイトを探そうアパレルバイト

アパレルショップの店員とは服飾用品などファッションを中心としたアイテムを扱うお店で働く人のことです。

2017年08月19日更新 新着:744件 ⁄ 全件:34,284件

アパレル

アパレルのアルバイトを選ぶ3つのメリット

  • 1 好きなブランドの服を着ることができる

    社員割引制度などを利用すれば、自分の好きなブランドの最新モデルを安く購入することができます。

  • 2 おしゃれの自由度が高い

    ブランドイメージに沿っていれば、ネイルやカラー、パーマOKのところがほとんど。

  • 3 ファッションに関する知識が身につく

    最新のトレンドや、様々なコーディネート、服のたたみ方、扱い方などの知識が自然と身につきます。

アパレルバイトってどんな仕事

ショップ店員(アパレルファッション系)のバイトは品出し、商品整理、レジ打ち、コーディネート提案、清掃などが中心となります。店舗によっては裾上げなどのサービスを行っている所もあります。
レジ打ちやコーディネート提案の際に求められるのが言うまでもなく接客力。マニュアル通りの一方的な提案では、お客様の気持ちはつかめません。臨機応変に対応できるコミュニケーション能力は徐々に身につけていく必要があります。
このほかにも、品だしや商品整理、レジ打ちなどの業務ではスピードと正確さが求められます。特に各シーズンの商品を売り切るためのセール期間や繁忙期は特にこうした迅速さが必要となってきます。こうした迅速さは、売り場面積が広い大手のアパレルショップでは特に求められる能力となっています。

アパレルについてリサーチ!

アパレルショップ店員のお仕事は、洋服はもちろん帽子や鞄、アクセサリーなど多岐に亘ります。お店のある場所は百貨店からファッションビル、複合商業施設内にある専門店などロケーションが多様化しています。百貨店などの店舗によって営業時間は異なりますが、10時から20時頃まで営業などさまざまです。若者向けブランドやOL向けなど扱うアイテムがどの年代をターゲットにしているかによって客層がはっきり分かれるのが特徴です。ショップ店員の仕事はレジ業務など接客販売が中心となります。来店された方に似合うファッションをおすすめしたり、商品のディスプレイを考えて設置したり、センスが問われる場面もあります。その他に店内清掃や品出しなどバックヤードでのお仕事もあります。入荷した商品の検品や値段つけ、商品の数を確認する棚卸しなど商品の管理することも業務の一環です。ショップ店員はおしゃれなアイテムに囲まれてお仕事ができるので、流行に敏感な方におすすめです。また商品についてアピールや、一対一での接客スキルが身につけられることができるなど、魅力のあるお仕事です。

アパレルバイト
で身につくスキル

ショップ店員(アパレルファッション系)のバイトは、レジ打ち、接客、提案力、迅速さ、臨機応変な対応などが身につきます。また、店舗によっては、服の裾上げ技術を身につけることができるようになります。型にはまったマニュアル通りの接客を行うわけではなく、自分のこだわりや価値観をそのまま仕事につなげることができるので、そうしたセンスを磨くこともできます。店舗が目標とする売り上げをどうすれば達成できるか、店頭にどの商品を置くのか、どのように見せるのか、など、具体的な数値に関する提案力を磨くことができる点も魅力的です。

アパレルバイト
はどんな人に向いてる?

ショップ店員(アパレルファッション系)のバイトはファッションにこだわりがある人、人と話すことが好きな人にオススメです。このバイトでは、そのお店のカラーを出しつつ、お客様がどのような服を探しているのか、どのような着こなしをしたいのかという要求を読み取らなければいけません。そうした際に、やはりファッションに関する引き出しは多い方が良いので、ファッションについての知識を手に入れることを「勉強」だと感じる人、「勉強」だと感じることも「楽しい」と感じる人に向いているバイトといえるでしょう。

アパレルバイト経験者の本音トーク

  • 10代 男性 フリーター

    昇格制度がやる気を上げます

    大手のカジュアル衣料を取り扱うお店で働いています。時給がよく、出勤日も多めで、求められる接客や作業のクオリティは高い方だと思います。最初の頃は指示された通りに仕事ができず、続けられるか不安でしたが、周りの先輩の支えもあり、順調にスキルアップできていると感じています。身につけたスキルに応じた昇給制度があり、レジ打ち、商品整理、品出し、裾上げ…と、ひとつひとつ身につけたスキルが具体的に評価されるのがやりがいにつながっています。

  • 20代 女性 フリーター

    接客がたのしい

    カジュアルな衣料を扱うお店で、お店には幼稚園へかようお子様から、ご年配の方まで、様々な年齢層の方が訪れてくださいます。カラーバリエーションを豊富に展開しているので、よく着こなしのことでご相談を受けます。基本的な知識として、そのシーズンのトレンドや売れ行きなどは把握しておき、お客様にご案内しますが、やはり会話の中で一人一人のお客様の好みを判断し、提案していくほうが喜ばれます。こうしたやりとりの中で、顔と名前を覚えてもらい、再度来店いただいたときは嬉しいです。

  • 30代 女性 主婦

    商品の取り扱い方法を覚えておく

    ミドル向けのハイブランド商品を扱うお店で働いています。それなりに値の張る商品を扱っているので、新しい服を入荷した際には、お手入れ方法を必ずチェックしています。クリーニングではなく自分で手入れできる、というのは、購入の際大きなポイントになるからです。そして何より、商品をお買い上げいただいたお客様になるべくたくさん、長く着ていただくために、そういった情報をお伝えすることも重要だと思うからです。

  • 20代 男性 フリーター

    おすすめした服を買ってもらえると嬉しい

    アパレルは、基本的には、いかにお客様に洋服を買ってもらうかが大きな仕事です。売り場に立ち続けるので結構足がむくんだりして大変ですが、お客さんが私のおすすめした洋服を買ってくれると素直に嬉しいです。お客さんに試着をしてもらって、サイズ感とかチェックして、より似合うアイテムをおすすめしたり、似合うセットを提案できるとモチベーションもアップします。接客だけでなく、コミュニケーションの取り方やお金の管理、ディスプレイのやり方などさまざまなことが学べるのも気に入っています。

  • 20代 女性 学生

    経験が良い財産になりました

    自分の場合、洋服が好きだったのでアパレルショップでバイトしてみたいと思ったのが志望動機でした。アパレルの仕事は一見華やかに見えるのですが、服が入った重い荷物を運んだり、立ちっぱなしだったり、意外と肉体労働な部分もあり、体力が無いときつい仕事だなと思いました。でもやっぱり洋服が好きという芯があったので、苦では無かったですし、何よりも楽しみながら働くことが出来ました。はじめのうちはどうしても売り出したい商品というのを売り込むのに必死で、後から振り返ってあのお客さんは違う商品を欲しがって居た気がするなど、反省することもありましたが、経験を積むうちにお客さんが求めている商品を提供することが出来るようになっていきました。自分にとってアパレルで働いたということは、その後接客業をする上で良い財産になりました。

  • 30代 女性 フリーター

    コミュニケーション能力向上できるバイト

    洋服が好きだからという理由で始めたアパレルのバイトでしたが、始めて分かった事はお客様とのコミュニケーションを図る事が大変だという事でした。口下手な私は会話を広げる事ができず困っていましたが、そのお客様に似合う洋服を想像しながら接客していくとファッションの話題でコミュニケーション能力も向上していきました。ただお客様の中には私たち店員から話しかけられる事が苦手な方もいて、私が積極的に話しかけていたら洋服を見る事なく帰ってしまったのです。従って、まずは軽く話しかけてからお客様の性格を読み取るテクニックを学び、臨機応援に接客していきました。洋服を包装して会計をするだけのバイトだと思っていましたが、アパレルの仕事内容は人との会話が重要だという事が分かりました。

アパレルバイトにまつわるQ&A

    • 学生でもできますか?
    • できます。週2日、1日3,4時間からという求人もあります。また、繁忙期(ゴールデンウィークや年始)のみの募集もあるので、興味があれば短期のバイトもオススメです。特にショッピングモールなどに入っている店舗は、シフトの融通が利きやすいようです。
    • これまで接客をあまりしたことがないのですが…
    • あまり声かけを行わないショップもあります。不安であれば、一度お客として店舗を訪れてみましょう。
    • 就職が有利になるって本当ですか?
    • ショップによると思いますが、店舗によっては接客の他に商品管理や予算、顧客管理を任されることもあるので、良い社会経験になると思います。
    • 社員割引で服が安く買えるって本当ですか?
    • 多くのショップで実施されていますが、割引率は正社員とアルバイトで異なることがあります。さらに、最初の3ヶ月は割引が効かないショップもあるので、必ずしも安く手に入るとは言い切れません。
    • 土日は休めますか?
    • 服が売れるのが土日なので、販売員の数が少ないショップでは難しいかもしれません。土日にも休みが欲しい場合は、販売員の多い大手をオススメします。また、大手であっても、前もって土日に入れない理由をきちんと伝えておいたほうがいいでしょう。
    • 資格や知識が無いのですが大丈夫ですか?
    • 持っていた方が有利に働くことはありますが、特にこれといって資格や知識を求められることはありません。面接時に確認されることもありますが参考程度です。それよりは接客態度だったりセンス、アパレルが好きなことや商品を売り込む力などが必要とされてきます。
    • 一人のお客さんにずっとつかないといけませんか?
    • アパレルの売り子さんの場合、お客様の好みを聞いたりして最適な洋服を選ぶなんてことも仕事内容です。しかし、必ずしも一人のお客様につきっきりというのは少数派。複数のお客さんについて、お見送りまでするので複数人を手際よく相手できるようになると大変ですがやりがいを感じる仕事です。

アパレルバイト ~ 応募への心得 ~

アパレルバイト面接のポイント

ショップ店員(アパレルファッション系)のバイトは、ファッションに関する仕事なので、身だしなみには特に注意しましょう。コーディネートがきちんとしていても、靴などが汚れていると印象がよくありません。また、接客が必須の業務ですので、明るく、はきはきと受け答えをし、笑顔を絶やさないようにしましょう。なぜ他のお店ではなく、このお店で働きたいのかなどが具体的に言えると更にいいでしょう。
アパレル業界は繁忙期と閑散期で勤務日数や時間に大きな差があるお店がほとんどで、土日祝の出勤が必要です。あらかじめ、自分は繁忙期にどれくらい仕事に入れるのか伝えておき、どの時期が閑散期にあたるのか、その際どれくらいシフトを入れてもらえるのかを確認することも必要です。制服がそのブランド指定などであれば、社員割引がどれほどなのかなども確認しておきましょう。

アパレルバイト仕事のポイント

ショップ店員(アパレルファッション系)のバイトをするうえで、コーディネートの提案やお客様へのお声かけは、慣れないうちは緊張してしまうかもしれませんが、何度かやっていくうちにすぐに慣れるものです。始めからみんな接客が上手なわけではなく、売り場で試行錯誤しながら「自分なりの接客の仕方」というのを見つけていきます。
その際に一番大事にして欲しいのが「気持ちをすぐに切り替える」ことです。お客さまの中には、声をかけられるのがあまり好きでない方もいらっしゃいますし、思わぬことがクレームにつながることもあります。反省はもちろん必要ですが、あまり引きずりすぎるのはよくありません。接客の上手な先輩が実行していることの中から自分でもできそうなことからマネをしていくことで、他の業種でも役立つ本物の接客スキルが身につきます。

ショップ店員(アパレル・ファッション系)から新着のバイト・アルバイトを探す

全国から、ショップ店員(アパレル・ファッション系)のバイト・アルバイトを探す

ショップ店員(アパレル・ファッション系)のアルバイトについて

ショップ店員とは服飾用品などファッションを中心としたアイテムを扱うお店で働く人のことです。洋服はもちろん帽子や鞄、アクセサリーなど多岐に亘ります。お店のある場所は百貨店からファッションビル、複合商業施設内にある専門店などロケーションが多様化しています。百貨店などの店舗によって営業時間は異なりますが、10時から20時頃まで営業などさまざまです。若者向けブランドやOL向けなど扱うアイテムがどの年代をターゲットにしているかによって客層がはっきり分かれるのが特徴です。ショップ店員の仕事はレジ業務など接客販売が中心となります。来店された方に似合うファッションをおすすめしたり、商品のディスプレイを考えて設置したり、センスが問われる場面もあります。その他に店内清掃や品出しなどバックヤードでのお仕事もあります。入荷した商品の検品や値段つけ、商品の数を確認する棚卸しなど商品の管理することも業務の一環です。ショップ店員はおしゃれなアイテムに囲まれてお仕事ができるので、流行に敏感な方におすすめです。また商品についてアピールや、一対一での接客スキルが身につけられることができるなど、魅力のあるお仕事です。